TopTRPG放送局アーカイブ >TRPGOnlineWIKI 100万の剣の欠片 ギャッツさんゲスト回
2013年06月17日

TRPGOnlineWIKI 100万の剣の欠片 ギャッツさんゲスト回

RPGOnlineWIKI 100万の剣の欠片 ギャッツさんゲスト回

TRPG放送局 2013年6月16日配信回のアーカイブページです。

TRPGOnlineWIKI 100万の剣の欠片 ギャッツさんゲストにお迎えしていろいろお話聞かせていただきました。

TRPGOnlineWIKI 100万の剣の欠片は、一人のGMで運用する事が困難な大型キャンペーンや、オリジナルシステムの導入、大人数での同時時系列でのセッションなどの様々な企画を実現可能にするための企画、運営を目的とした富士見書房さんのTRPGOnlineファンサイトwikiです。

富士見TRPGOnline正式サービス後にオンラインセッションユーザー向けの活動の場であるGM支援を目的とし、有志の方が集まって、WIKIを運営や様々な企画や活動を行われています。

今回は代表であるギャッツさんをゲストに迎えて、新しいオンセの場として多くの方に利用されている富士見TRPGOnline内での、募集やセッションの様子、100万の剣の欠片について、いろいろお話聞かせていただきました。

新人さんへのフォローをとても丁寧にされているので、富士見TRPGOnlineに興味のある方、オンセデビューしたい方に良い情報届けられると思います。

ぜひご視聴下さい!

フリートークコーナーでは、富士見書房公式 TRPG ONLINEのクリティカル・リニューアルの話題やこれからオンセはどんなものになっていくかな?というような話させていただきました。

コミュニティの設置やユーザーどうしのメッセージのやりとり、ユーザー検索、リプレイアップなどに使用できる日記ページなど、コミュケーションが強化されるということで、私も楽しみにしているところです。

今回の話題

TRPG放送局 TRPGOnlineWIKI 100万の剣の欠片 ギャッツさんゲスト回
フリートーク
配信中のつぶやきまとめ


Video streaming by Ustream

TRPG放送局 TRPGOnlineWIKI 100万の剣の欠片 ギャッツさんゲスト回

TRPGOnlineWIKI 100万の剣の欠片 ギャッツさんゲストにお迎えしていろいろお話聞かせていただきました。
話題別にハイライト動画と、一部分文字起こしもしてみました。

TRPGOnlineWIKI 100万の剣の欠片について

TRPGOnlineWIKI 100万の剣の欠片についてお話きかせていただきました。

――TRPGOnlineは富士見書房さんが運営されているオンラインセッションサービスですが、
TRPGOnlineWIKI 100万の剣の欠片(以下、100万の剣の欠片)について教えていただけますか?

ギャッツさん(以下、ギャッツ):100万の剣の欠片は、TRPGOnlineを利用しているGMが考えていることや、実際に遊んでいるログなど公開する場所を作れればと思い運営を開始しました。
TRPGOnlineは、募集などとても良いシステムが実装されているのですが、募集されているGMさんが普段どのようなセッションを行われているかなどの情報へのアクセスが弱かったので、そういった面をサポートを思って始めました。

誰でも編集できるWIKIを使っているので、誰でも参加できる場として運営しています。
誰でも自由に参加・編集できるので、私は「自由帳」と普段呼んでいます。

――TRPGOnlineのなかで遊んだ方と関係を続ける仕組みがあるんですね。
立ち上げはギャッツさんが行われたのですか?

ギャッツ:企画の段階からTRPGOnlineで出会った有志の方が参加してくださいました。
WIKIという形式を選んだことも含めて、こういう場を作りたいなと思った理由はいくつかありました。
知っている方からみるとオンラインセッションは身近な遊び方だとは思うのですが、今回富士見書房さんが公式としてTRPGOnlineを展開されている中で、TRPGOnlineでオンラインセッションを初めて知ったという方も多かったと思うんです。
その中にはネットにあまりなれていない方もいると思うので、ログインやインストールなどならではの作業や手間を省く解説して場所があればと思いました。
WIKI中に解説記事を書いたり、動画で紹介したり活動準備室というかたちでチャット部屋なども用意しています。

――チャットは毎晩賑わっていて良いですよね

ギャッツ:参加されている方のモチベーションも高くて本当にありがたいです。
とくにGMさんになりたい挑戦してみたいと思っている方に向けての参加者さんのサポートなどは、100万の剣の欠片の強みといえる部分かもしれません。
100万の剣の欠片でGMデビューをしたという方もたくさんいらっしゃいます。

――GMさんが増えるのはTRPG好きないちユーザーとしても素晴らしいなと思います。
シナリオ制作の段階から相談にのられたりもされているのですか?

ギャッツ:そういうこともありますし、普段GMされている方が実際にその卓にプレイヤーとして参加されるということも多いです。
TRPGの楽しさは多様だとは思うのですが、GMされている方が多いので、みんなで一緒に物語を作り上げていくという監事のセッションが多いです。

――実際のセッションが楽しいのはもちろんですが、雑談チャットで感想話をしたり、実際に遊んだログをリプレイとし公開されたりも楽しいですよね。
ログなどを公開されている場所も用意されていますよね。

ギャッツ:TRPG ONLINE SupportSystemというサイトも準備しています。
こちらも有志の方が運営してくださっています。

――TRPGOnlineは富士見書房さんが運営されているサービスということで、様々な企画を準備してくださっているわけですが、ファンの方がこういう活動をしてくださっているというのも、本当に素晴らしいですよね。
100万の剣の欠片の企画などについても教えていただいていいですか。

ギャッツ:企画は本当にいろいろ展開しています。
楽しくするために参加されている方も、いろいろ意見出してくださっているので、そこででた意見をかたちにしていっている感じです。

――実際の募集などはどのような形で行われているのですか?

ギャッツ:TRPGOnlineの募集機能を使っての募集が多いです。
キャンペーンなどの募集も多いのですが、できるだけ新規の方が入れる募集として、オープンキャンペーンセッションという募集もしています。
物語は進行していくのですが、どのキャラでもどこからでも参加できるキャンペーンです。

あとはTRPGOnlineには、パスワードを知っている特定の方だけが参加できる鍵をかけた募集があるんですが、間口を広める意味でも、できるだけ鍵をかけない募集をしていきたいとは思っています。

100万の剣の欠片はサークルというか、本当に「自由帳」なんですよね。
サークルがいろいろ集まっているような感覚です。

開けた場を作りたいということで、セッション募集祭りというセッション部屋を立てまくるそういう期間を作ったりもしています。
鍵の無い募集をGMさんの協力を得て20くらい立てたりですね。それぞれの卓に4人づつはプレイヤーさんが参加されるので、100人くらい遊ぶ機会を準備できるそんな企画も立てています。

――WIKIでやっているアンケートなども面白いなと思って拝見しています。

ギャッツ:アンケートは、開催する曜日やシナリオの傾向など、いろいろ情報見えてきて面白いです。

富士見書房公式TRPGOnlineについて

富士見書房公式TRPGOnlineについてお聞きしました。

――富士見書房公式TRPGOnlineについて、ユーザーさんとしての視点になると思うのですが、利用されている感想などお聞きして良いですか?

ギャッツ:公式であるという安心感は大きいと思います。
卓の募集とセッションを遊ぶ場の機能が分かれているのも使いやすいという意見も多いです。

何より人が大勢いるので、募集が立卓しやすいというのは強みだと思います。

――セッション前の相談をする機能などもあるんですよね?

ギャッツ:セッション部屋ごとに相談できる掲示板が利用できます。その中で実際のセッション日などを調整したりできます。
公式がこういう場や機能を準備してくれたのは本当にありがたいです。

――富士見書房さんといえばいえば、TRPGユーザーで知らない人はいないわけですからね。
課金の範囲も使いやすくなる、便利になるという部分ですから、実際にセッションに参加するのには困らないのもいいですよね。

ギャッツ:TRPGOnlineはリニューアルも控えていて、そちらも楽しみにしているところです。

――リニューアルはコミュニケーション機能もパワーアップするようでいまから楽しみですよね。

ギャッツ:これからもっとTRPGOnline盛り上がっていきそうでいまから楽しみです。
リニューアルしたらそれにあわせて100万の剣の欠片でもいろいろ企画していければと思っているところです。

ギャッツさんのTRPG歴や、今後の展開について

ギャッツさんのTRPG歴や、今後の展開について、お聞きしました。

――ギャッツさんのTRPG歴などについてもお聞きして良いですか?

ギャッツ:ネットで活動始めたのは、ここ半年くらいです。

TRPGはじめて遊んだのは、オフでのトーキョーN◎VA The Detonationでした。
出たばかりの頃だったので10年くらい前でしょうか。

その後セブンフォートレスやガンドックなど遊びました。

――ダイスをふらないトーキョーN◎VAがデビューなんですね。

ギャッツ:はじめて遊んだのがトーキョーN◎VAだったからでしょうか、いまでもGMなどするときは「映画のようなセッション」ができればなと思っています。

プレイヤーさんにはヒーローになってもらえるそんな気持ちでGMすることが多いです。
これはシステム選ばず考えています。 

――オンラインセッションはいつ遊ばれたのですか?

ギャッツ:TRPGOnlineの公開後ですね。TRPGOnlineでオンセデビューしました。
SW2.0デビューもそのときです。

――最後に今後の予定や告知などもあれば教えていただけますか

ギャッツ:TRPGOnlineのリニューアル後は、またセッション募集祭りは開催できればと思っています。

あとはサプリメントというか、ソードワールド2.0の世界の中に新しい世界を作るそんな企画も考えています。
誰でもその企画や世界観構築に参加できるそんな企画ができないかと考えています。

ぜひこの企画に参加していただき、世界観や伝説の一部になっていただければと思います。

フリートーク

TRPG関連の気になる話題紹介させていただきました。

富士見書房公式 TRPG ONLINEのクリティカル・リニューアル

「富士見書房公式 TRPG ONLINE」が「クリティカル・リニューアル」!
サービス・システムの大幅リニューアルを夏と秋の2段階で実施!
第1弾は6月28日より決済充実やSNS機能追加、
第2弾はシステム大幅アップデート!

コミックマーケット84 無電源ゲーム関連サークルさん情報募集中

コミックマーケット84の無電源ゲームジャンルの情報集めています!
#c84TRPG
こちらのハッシュタグつけてつぶやいていただいた情報まとめたり、関連サイトで紹介できればと思っております。よければお使い下さい。

Role&Roll Vol.105にハガキ掲載された話

先日TRPG放送局でホライゾンブレイク特集をさせていただきました。
ホライゾンブレイクの差サポート記事が掲載されているRole&Rollさんにメール送らせていただいたところ、レポート&レスポンスに掲載していただきました。
ありがとうございました!

Role&Roll Vol.105にハガキ掲載された話

今後の企画案案内

コミケ配信はC84でもできればと思い中です。

告知してくださるサークルさんに来ていただき、告知はもちろんですが、同人活動の楽しさなど、参加してくださった方にお聞きする座談会みたいなものができればと、いま企画案考えています。

過去に参加してくださったサークルさんなどにお声かけさせていただくかもしれません。
その際はよろしくお願いいたします。

過去のコミケ告知回

 TRPG関連同人活動特集とサークルさんコミケ告知特集
コミックマーケット81告知配信
コミックマーケット82告知配信
コミックマーケット82告知配信
C83 TRPG関連同人活動特集とサークルさんコミケ告知特集
コミックマーケット83告知配信

配信中のつぶやきまとめ

配信中のつぶやきまとめてみました。


にほんブログ村 ゲームブログ TRPGへ
にほんブログ村さんのTRPGカテゴリー。TRPGに関する記事が見れます

posted by たぐっちゃん at 00:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | TRPG放送局アーカイブ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
にほんブログ村 ゲームブログ TRPGへ
にほんブログ村
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。